『漢委奴国王』の金印発掘の地、金印公園

1784年、『漢委奴国王』としるされた金印がこの地「志賀島」で発見されました。後漢の光武帝が倭の奴国の使者にあたえたと伝えられ、これを記念した金印公園があります
ちなみに発見された『金印』は国宝に指定され福岡市博物館に展示されています。   

春は公園を取り巻く桜の木々が彩りを添えて、綺麗です。

 ちょっとゆっくりいにしえの御代(みよ)を
       偲んでみたいものです。              
クリックしてね

ちょっとくわしい説明を付け加えます。
 
《国宝の金印》は、江戸時代中ごろの天明四年(1784年)2月23日(今日の暦で4月12日)に、今の福岡市東区の志賀島から 発見されました。この金印は、一辺の長さが2.3センチメートル、高さが2.2センチメートル、重さが108.7グラムの大きさで、ほぼ純金でつくらえています。

印面には、「漢/委奴/國王」の5文字が彫られています。つまみ(鈕・ちゅう)は蛇がとぐろを巻いた姿で、ひもを通す孔(あな)/(鈕孔・ちゅうこう)には紫色のひも(綬・じゅ)が結ばれていたものと考えられています。
中国の歴史書「後漢書」倭伝(かでん)に「建武中元(けんむちゅうげん)2年(57)倭の奴国貢(なこくみつ)ぎを奉って朝賀(ちょうが)す。・・・光武賜(こうぶたま)うに印綬(いんじゅ)を以てす。」と書いてあり、弥生時代に最も栄えた国のひとつで福岡平野にあった奴国の王が、後漢の都・洛陽(らくよう)に使節を派遣(はけん)し、光武帝から贈られたのがこの金印です。

 金印は、大切な公文書(こうぶんしょ)や手紙の封印(ふういん)に使われました。封印の方法、文書や手紙を入れた 筥を紐(ひも)でしばり、その結び目に付けた粘土に押して封をしたもので、文書の秘密を守るカギの役目を果たしています。この金印は、一世紀の日本と中国の交流を証明する貴重な文化財であり、福岡市博物館に常設展示されています。                                                         

                福岡市文化芸術振興財団記述文書より


福岡市文化芸術振興財団記述文書より